モリンガの豊富な栄養素

モリンガは世界中でさまざまな名前で呼ばれ、正式な学術名は”モリンガ・オレイフェラ”といいます。

和名では”ワサビノキ”と呼ばれ、海外では”マルンガイ” ”シグルー” ”ドラムスティックの木” ”ミルクの木” ”ベンゾイル木” などさまざまな呼び方がされていますが、中には”生命の木” ”薬箱の木” ”奇跡の木”と呼ぶ地域もあります。

なぜ呼び名がさまざまなのか。
それはモリンガの持つ豊富な栄養素と、葉から根までほとんどを摂取することが出来ることが呼び名の多さに繋がっているようです。

■栄養素

葉は食用としてや、海外では薬の原料としても使用されています。

・ビタミンAは柿の40倍

・ビタミンCはリンゴの50倍

・鉄分はほうれん草の30倍

・カルシウムは牛乳の7倍

・パントテン酸はバナナの3倍

などなど、高い栄養価を持つ部分もありますが、注目されているのはその栄養バランス。

ビタミン、ミネラル、たんぱく質、食物繊維などがバランスよく豊富に含まれ、天然の食材で”18種類の必須アミノ酸”を含んでいるのはモリンガのみです。

栄養価は140度以上で加熱しないかぎり失われませんので、さまざまな料理やスープに混ぜることでモリンガの葉は食事に使用され、日本でのほうれん草のようにアジア圏で愛されている食材です。

発展途上国や食糧難に苦しむ地域に住む、飢餓や貧困に苦しむ人々の栄養改善や食料の確保としてモリンガは大変重宝され、国連指導のもと、天然の栄養バランス食として生産、摂取されるほど、モリンガの持つ栄養素の高さは他の野菜より抜き出ています。

モリンガの種や根も食用として摂取されています。
種もビタミンやミネラルが豊富で、根は調味料として摂取されています。

食生活に気をつけ、さまざまな食材から栄養素をバランスよく吸収することが一番大切です。

ですが栄養素を気にしながら毎日の料理を考えるのはとても大変だし、食べる量も増えてしまいます。
ぜひモリンガを併用しながら簡単で理想的な食生活で病気を防ぎましょう。

プレミアムモリンガはYahoo!ショッピング・Amazonでご購入いただけます。

他の記事