日本とモリンガ

日本では知名度の低いモリンガですが、アジア全体ではとても知名度の高い木です。

その理由は、海外では医薬品として利用されていることが多く、木として自生していることもその理由です。

モリンガの木は日本では自生できません

熱帯、亜熱帯地域に自生し、モリンガの豊富な栄養素は非常に多くの日光と温暖な気候によって生み出されるため、冬が寒すぎる日本では年を越すことが出来ません。
※沖縄など一部地域で栽培していますが、ビニールハウス内などで管理することで越冬しています。

インドが最大の生産国で、ハーブのように葉をそのまま調理に使えるため、インド、タイ、カンボジア、フィリピンなどでは家庭菜園もされたり普及しています。

野菜として認識している地域もあり、薬として認識している国もあるとても珍しい木で、その理由は葉から根まで殆どの部分を食べることが出来ることと、「豊富な栄養素」「抗酸化作用」にあります。

そのため”葉”は食用として、”根”や”種”、そして”葉”も薬として使う国もあります。

薬といっても、主に栄養失調や栄養の偏りによって起きる病気を治すものとして認知され、日本ではなじみのある漢方薬やサプリメントに近い位置にあるといえます。

海外ではまだまだ貧困地域や食べ物に困る国も多くあり、モリンガの葉はビタミン、ミネラル、カルシウム、たんぱく質、βカロチンを豊富に含み、多種の食材を摂取するよりモリンガの葉だけで栄養バランスを取ることができるため、「命の木」と呼ばれ、薬として重宝されるようになりました。

日本では栄養バランス加工食品、いわゆるサプリメントや、パウダーは調理用として認識され、スムージーやスープに混ぜたり、グリーンティーにしたり、パスタやパンなどに混ぜて調理したり、ハーブのように葉のまま摂取するなど摂取方法はさまざまです。

日本国内では栄養失調で亡くなる方は殆どいなくなり、栄養豊富なさまざまな物を食べることができる一方で、栄養の偏りが原因で起きる”さまざまな病気””成人病”が多くの人を悩ませる原因にもなってきました。

栄養素をバランスよく摂取するのはとても難しく、モリンガのような栄養がバランスよく含まれ、かつ天然のサプリメントは古くから愛される栄養バランス補助食品として重宝されているのです。

 

 

 

 

プレミアムモリンガはYahoo!ショッピング・Amazonでご購入いただけます。

他の記事