その疲労感はひょっとして

疲労感。なんだかだるい。寝れない、朝起きれない、頭痛、体中のコリ、胃痛、下痢、便秘・・・。

原因は何かわからないけど、いつでもダルい。寝てたい。

疲労感を感じて病院へいっても異常はなく、改善したくてもできないのではないでしょうか。
整体などで一時的に体調が良くなっても、また元に戻ってしまい、治らない、原因がわからないことで余計につらさを感じていることもまたストレスになってしまいます。

「仕事もあるし子育てもあるし、疲れるのも仕方がないよね」と思ってしまいますが、同じ生活をしていても元気な方、若々しい方も多くおられます。

その違いは「日常生活の違い」にあります。

■原因不明の体調不良とは

①食生活

②運動

③睡眠

④ストレス

この4つに原因が隠されているといわれています。
※タバコ、飲酒は原因が明確なので除きます。

日常生活を変えたいと思っても、そもそも疲労感を感じている中で改善する努力というのはとても大変で、ジムに通うなど生活スタイルを変えてみても持続せず、また元に戻ってしまいます。
睡眠時間を長くしようと思っても眠たくならなかったり、長く寝ているのにまだ眠たかったりと、単に寝る時間を変えたり延ばしたりするだけでは改善できない問題を抱えていたりします。

そして、この4つの原因がもたらす体調不良は多岐にわたります。

■4つの原因がもたらす体調不良とは

寝れない、起きれない、だるい、疲れがとれないなど、慢性的な疲労感。
そしてその疲労感からくる肩こり、腰痛など体中のコリ、そして元気さや活発さがなくなり、それらがさらにストレスとなり胃痛、下痢、便秘、肌荒れなどを引き起こしてしまい、どれが始まりなのかどれが原因なのか分からない状態になります。

また、「花粉症」や「鼻炎」などのアレルギー、肌荒れなど皮膚炎などは「体質だから仕方がないか・・・」と思ってらっしゃる方も多く、さらに「風邪をひきやすい」「病気になりやすい」なども「流行っている時期だから」と思ってしまいますが、病気にならない人も大勢います。

実はこの4つの原因(食生活、運動、睡眠、ストレス)を改善することで治ってしまうケースも多いのです。
ぜひ体質の改善に取り組んでみましょう。

■体質の改善は食生活から!

体質を改善したいと思っても、すでに疲労を感じている状態では運動もできないですし、ストレスをなくすなんて何をどうすればよいか想像もつかない状態です。
まずは食生活の改善から取り組んでいきましょう。

 

・食事制限は後回ししましょう

食生活の見直しでよく起きるトラブルが、食事制限をしたり欠食する方法です。
もちろん過食によってとりすぎている栄養素は減らさなければいけませんが、ダイエットに取り組んで結局リバウンドするのと同様に、急な食事制限は身体に対して「餓死しそうだから警告をだそう」というきっかけになってしまい、「お腹がすいた」「つらい」など、余計なストレスを発生させてしまいます。
まず取り組むべきは、栄養素のバランスを考えることです。

・7大栄養素のバランスを考える

みなさん、食事をしないという方はいないはずです。
その普段の食生活に偏りが出ているとすれば、【糖質】【脂質】【たんぱく質】の3つをとりすぎそれ以外の7つが不足している状態がほとんどです。

たとえば【ビタミン】【ミネラル】が豊富なのは”生野菜”【食物繊維】【ファイトケミカル】が豊富なのは”果物”などがあげられますが、野菜や果物は毎日食べていますか?

・野菜が苦手なら果物を

生野菜が苦手・・・という方も多く、さらには値段も高いという避けてしまう要素が多い野菜。
貧困なほど肥満が多いという逆作用は、野菜の摂取量が貧困家庭ほど少ないからといわれています。
果物も野菜と同じく安くはありませんが、ビタミンや食物繊維、ファイトケミカルが豊富な果物を食べることで栄養バランスを整えることができます。

・サプリメントによる栄養補助

栄養バランスを考えた食事をとるのは難しく、またコストもかかってしまうため1人暮らしで外食が多い方などは尚更野菜を摂取する機会が少なくなります。
サプリメントは野菜や果物に比べればとても安価なので、ぜひサプリメントによる影響補助をしましょう。
お勧めは「マルチビタミン」の摂取です。
ドラッグストアで販売されているものの中でも1カ月分500円以下のメーカーもありますので、1日16円なら家計を切迫してしまうこともありません。

また、プレミアムモリンガはビタミンだけでなくミネラル、食物繊維、ファイトケミカルも含めた総合的な栄養バランスを摂取でき、価格は1日約50円
複数のサプリメントを使用するより経済的で、複雑な栄養バランスに頭を抱えたくない場合はぜひお勧めです。

■体調がよくなったら運動を取り入れて

食生活を見直しても、体調が良くなったと感じるまで1ヵ月~3ヵ月程度かかり、「そういえば風邪をひいていない」「そういえばしんどいと思わなくなった」「増えていた体重が止まった」など変化を感じたら、ぜひ運動を取り入れていきましょう。

・日常にウォーキングを

歩くことは最高の有酸素運動です。
近所のコンビニやスーパーなどに買い物へ行く時も、自転車や車を使わず歩いてみたり、積極的に歩く行動をとる癖をつけましょう。

・自宅で出来る簡単な有酸素運動を

身体を鍛えるのが目的ではありませんので、運動は5分でも1分でも構いません。
「ハーフスクワット」や「エア縄跳び」など簡単に出来る有酸素運動や、DVDやyoutubeを見ながらヨガにチャレンジしてみるもの楽しく健康になれるきっかけになります。

■睡眠とストレスは最後に

食事の改善と運動の改善に取り組んだら、最後は睡眠とストレスです。
ここまでくれば自然と眠れるようになっていたり、ストレスも一緒に改善される場合も多いですが、うまく快眠できない場合は寝具の見直しもしてみましょう。

プレミアムモリンガはYahoo!ショッピング・Amazonでご購入いただけます。

他の記事