生活習慣病の改善とモリンガ

生活習慣病はもともと成人病と呼ばれ、成人がなる病気として考えられていましたが、現代では子供も成人病になることや、「予防できる病気」ということを認知させるため、生活習慣からくる病気、「生活習慣病」と名前が変わりました。

 

■生活習慣(生活習慣病)とは

生活習慣とは、食事(の内容)、運動、ストレス、あとは喫煙や飲酒など普段の生活で嗜んでいる習慣をさしています。
その内容が原因で病気になることを生活習慣病といいます。

肥満と生活習慣病は同じ扱いではありませんが、因果関係は深く、肥満は生活習慣病になるリスクを大きく上げる原因になります。
生活習慣病と肥満を合わせた状態をメタボリック症候群といいます。

 

■生活習慣病により発症する病気

・高血圧

・高脂血病

・糖尿病

・高尿酸血病(痛風)

厚生労働省は日本人の魚や野菜の食べる量が減り、肉を食べる量が増えていることから「野菜の摂取量が少ないと生活習慣病の発症リスクが高まる」と警告しています。

 

■生活習慣病による死亡リスク

・がん

・脳血管疾患(脳卒中)

・心臓病

死因の割合はこの3大死因が約6割近くを占めています。
高血圧や糖尿病などは3大死因を発症させる原因となるため、予防可能だといわれています。
医療の発達によって長寿になっていると思われがちですが、実は現在の寿命は2000年代初期より短くなり、その理由は生活習慣病の増加が原因とされています。

 

■生活習慣病の対策

 

・運動

大きな要因は運動不足です。
肥満は生活習慣病と深く結びついており、また見た目や数値で分かりやすいこと、改善方法、対策もシンプルなことから対策としては最も有効です。

運動には2種類あり、有酸素運動と無酸素運動があります。
有効なのは有酸素運動で、ジョギングやサイクリング、エアロビクス、水泳などが有効です。
運動することに慣れていない場合はウォーキング、歩くことから始めましょう。

身体を鍛えるのと生活習慣病の改善は別物で、代謝(解糖と乳酸発酵)を促進させるための運動ですので、全然筋肉がつかない、と止めてしまわないようにしましょう。
スポーツジムなどは有酸素運動と無酸素運動のバランスを適切にすることで身体を鍛えますので、総合的な改善を目指す場合はスポーツジムのトレーナーと相談し、最適なプログラムを組むことが大切です。

・食生活

野菜をしっかり食べる、ということでもなく、”栄養バランス”が重要です。

生活習慣病のリスクという意味だけで考えれば菜食主義のほうがリスクは減り、健全な食生活ともいえますが、肉や魚を始めとする動物搾取をすべて食べないと、プロテインやカルシウム、鉄分などの不足による栄養失調を引き起こします。

栄養バランスを崩している要因として、お菓子、ジュースなど糖質を多く取り過ぎていること、偏った過食(炭水化物、脂肪分のとりすぎ)などがあげられます。

バランスがうまく取れないときはサプリメントなど栄養補助食品を使ってバランスをとりましょう。

①食事は食べすぎに注意
お腹いっぱい、は食べすぎです。
腹八分目という言葉がありますが、適度な量を食べるよう改善しましょう。

②バランスを意識して
糖質、脂質、たんぱく質はジュースやお菓子、白米、パン、麺類など取り過ぎる傾向にありますので、控えめにしましょう。
野菜を食べビタミン、ミネラル、食物繊維をとりましょう。

他の栄養素より食物繊維やファイトケミカルが不足しがちになりやすいことから「野菜をもっと摂取しましょう」という言葉に繋がっています。

③食物繊維とファイトケミカルが重要
かつて5大栄養素と呼ばれ、5つの栄養素をとっていれば大丈夫と思われてきましたが、実は食物繊維とファイトニュートリエント(ファイトケミカル)が生活習慣病、肥満の原因に大きく関わっていることが分かり、現代では人間に必要な7大栄養素として認知されています。

食物繊維はすべて体外に排出される、と考えられてきましたが、実は身体にとって不要な物も一緒に排出していることがわかり、腸内環境の改善とデトックス効果として食物繊維は肥満改善や血圧を下げるのに重要な役割をもっています。

ファイトケミカルは果物や野菜の色素などに多く含まれ、ファイトケミカルのもつ抗酸化作用などの働きは”がん”の予防に有効性があるといわれています。

・ストレスの解消

ストレスや睡眠不足は身体全体の不調を引き起こすことや生活習慣病だけにとどまらないさまざまな病気、問題を引き起こしますので解消しなければいけませんが、学校生活や仕事、家庭環境などさまざまな所でストレスは現れ、そのストレス解消として過食やタバコ、お酒を嗜むなど生活習慣病の原因に繋がるなど悪循環をおこす場合があります。

ストレス解消、ストレス発散の方法としてボクササイズする、ランニングをするなど運動による解消につなげられることが理想的です。

■栄養豊富なモリンガ

モリンガは栄養豊富かつ栄養バランスに長けていますので、食生活のバランスを取るうえでその補助する役割を担ってくれます。
摂取するのが難しい食物繊維やファイトケミカル、ビタミン、ミネラルなどを豊富に含んでいることから手軽に栄養バランスをとることができるため、栄養バランス食材として世界中で愛用されています。

■手軽な改善からはじめましょう

食事はサプリメントなど栄養補助食品を利用し栄養バランスを整え、運動は通勤・通学などで階段を使うなどいつもより多く歩くことを心掛けるなど、ちょっとした変化から生活習慣病対策をスタートさせましょう。

また、まずは健康診断で身体の状態を知り、問題がある箇所や改善したほうがいい箇所などを医師に相談し、助言してもらうことが大切です。

プレミアムモリンガはYahoo!ショッピング・Amazonでご購入いただけます。

他の記事